【備忘録】WordPressで画質劣化をふせぐコードを導入しよう

WordPressの初期設定で画像をアップロードするとだいたい画質劣化します。というかWordPressの初期設定で90%の容量に圧縮されるアルゴリズムなようです。そのため綺麗に作った画像をアップロードすると「あれオカシイナ。。。」ってなるわけです。 画質劣化について気付いたのはつい最近…Webのコーディングをする友人に教えていただきました。劣化を防ぐ方法はすごく簡単。function.phpに1行コードを入れるだけということを…
PHP5.3~ add_filter( 'jpeg_quality', function( $arg ){ return 100; } ); ~PHP5.2 add_filter('jpeg_quality', create_function('$arg','return 100;'));
PHPバージョンでコードが違うので注意してください。サーバー設定のPHPバージョンを確認しましょう。PHPは新しいバージョンのほうがいいのかな?その辺は…ちょっと私にはわかりませんが新しいバージョンで構築したほうがエラーは少ないんだと思っています。
*注意* 既にアップロードしている画像に関しては90%圧縮されている状態なので、再アップロードが必要です。 また、画像を圧縮するプラグインなどを採用している場合は、圧縮されてしまいます。 サイトスピード評価は下がりますのでご注意下さい(ブロードバンド化で、よほど重たい画像じゃない限りは大丈夫だと思いますが一眼レフのLサイズで撮影した画像を、そのままアップロードするのは相当重たくなります)
 コードを1行function.phpに入れるだけなので、とても簡単です。是非お試しあれ!ただ、WordPressテーマやプラグインによって挙動が変わってしまう可能性があるのでご注意ください。